インテリジェンス情報収集のポータルサイト

日本の情報機関と主に用いる手段

トップページへ

日本の情報機関と主に用いる手段(Wikipediaより引用)

*タイトルに下線のある項目をクリックすると、詳細ページが閲覧できます。

1内閣情報調査室(オシント、ヒューミント)

2.警察庁警備局(防諜、ヒューミント、オシント)

通信傍受(コミント)も可能とされるが、極めて限定的な範囲で認められているに過ぎない。

3.公安調査庁(ヒューミント、オシント)

破壊活動防止法第四条には、有線通信または無線通信による破壊活動も規定されているところ、かつては通信傍受(コミント)も行われていたとの指摘もあるが、現在は情報収集のための直接の手法としては用いられていないとされる。[4]。

4.防衛省情報本部(シギント、エリント、コミント、ラディント、イミント他)

5.自衛隊情報保全隊(防諜)

6.陸上自衛隊

7.海上自衛隊

第81航空隊(シギント、イミント)

8.外務省国際情報統括官組織(ヒューミント、オシント)

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional