インテリジェンス情報収集のポータルサイト

緊急事態・非常事態を想定した備蓄〜食糧編

トップページ>>小さな資料室トップページへ>>1.サバイバル関連書籍>>2.緊急事態・非常事態を想定した備蓄〜食糧編

2.緊急事態・非常事態を想定した備蓄〜食糧編

保存食の製造方法資料

2012.08.11現在のwikipediaの記述を転載

1.概要

 保存食の多くは、気候や風土の関係で冬季や乾季など、長期にわたり食料の確保に困難を抱える地方や、遠洋航海や戦争などの食料の確保や輸送、あるいは貯蔵・調理に大きな制約をうける状況下で、その代案として工夫されてきた生活の知恵である。また、災害や飢饉の際の非常食としての役目もあり、現代社会においても備蓄が奨励されるべき物であると言える。近年では、調理の不要なインスタント食品としての需要も大きい。{(概要の続きを読む)?};

2.あり方の変化

 保存食の歴史を考える場合、現代に至るまで少なくとも2つの大きな転換点がある。缶詰の発明と、冷蔵(冷凍)技術の発達である。
 保存食のはじめは、手作業・手作りの時代である。この時代の保存食は、天然の素材と自然界にある様々な現象を最大限に利用して、保存しやすくするような工夫がされていた。塩蔵、糖蔵、乾燥、燻製、発酵などである。保存のための技法により、良い意味でも悪い意味でも食品の性質は大きく変化してしまう。また、加工後の食品を食べるには特殊な調理が必要となる場合も多い。このため保存方法それぞれに特化した調理法や食文化を発生させている。(あり方の変化続きを読む)?

3.保存方法

保存食の利用内容による区分け

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional