インテリジェンス情報収集のポータルサイト

455 深田萌絵ブログ削除事件③

トップページ具体資料実例研究余命三年時事日記と余命3年時事日記単独記事閲覧

新・余命6〜2新・余命5〜1新・余命5〜2新・余命4〜1新・余命4〜2新・余命3〜1新・余命3〜2新・余命2〜1新・余命2〜2新・余命1〜1新・余命1〜2旧・余命3〜1旧・余命3〜2旧・余命2〜1旧・余命2〜2旧・余命1〜1旧・余命1〜2総合インデックス
 
【新版・余命三年時事日記第5部〜1】

455 深田萌絵ブログ削除事件③

 
おそ松
真実さん(?)の分析は少々情報が一方的かも知れません。
深田さんは敗訴の判決が出る前から、藤井氏との訴訟の経緯をブログ上にリアルタイムでつづってましたよ。
深田さんのビジネスパートナーが軍事転用可能な技術を開発できるような天才で、台湾の馬英九から命を狙われて、アメリカに亡命してる方だそうです。
藤井氏はその方が開発した技術のコードを、勉強したいから1000万預けるので見せてほしいと言ったそうです。
深田さんは1000 万も預けて持ち逃げはしないだろうと思って、それを渡したら藤井氏が「この技術を解放軍のミサイル開発に使いたい」といい、断ったらいなくなってしまったそうです。
その後藤井氏が訴訟をおこし、そのコードは自分が開発したと主張。弁護士は福島瑞穂の夫の仲間。
藤井氏の身元を調べるうち、この人が日本で生まれてもおらず、両親とも中国人なのに、中国だけでなく日本に戸籍があることが判明。詳細は控えますが、戸籍の乗っ取りの可能性もあるようです。
 深田さんはこの一連の産業スパイの件、いろんなところに相談してましたが、全く相手にしてもらえなかった上に、あちこちで虎の尾を踏んでしまい、中共のみならず、日本の反日勢力、マイクホンダが絡んで米国税IRSからも圧力をかけられてました。
 これは相当闇が深そうだとウォッチしてました。深田さんの情報は腹いせとかのレベルの話ではないと。
バックアップサイト紹介してくださってましたが、消された記事のサイトで全部じゃないですが、かなり詳細がわかります。
ttp://goo.gl/cJdlO0 (頭にhを入れてサイトに行ってみて下さい)
恐い話です。中共勢力、かなり日本に食い込んでます。小保方さんがいたあの理研も中共の手先になってしまってるとか。深田さん、余命さんのようにかなり危険な身の上に置かれてます。
情報が拡散されることが彼女を守る方法かと思います。
この一連の背景を知ったとき、余命さんのサイトを初めて知った時と同じ戦慄が走りました。ぜひみなさんにも知っていただきたいです。
日ノ本
深田さんの人となりについては、wikipedia などで調べて頂ければよいかと思います。
 本名が浅田だとかは論点とは関係ない事でしょう。 世間的に成功した女性投資家&起業家であることは、現在外部圧力により削除されたと思われる本人のアメーバブログのキャッシュやアメーバ以外での 保険用(⁉︎)ブログ他、ネット検索から確認出来ます。 この女性が中国系帰化人、司法当局、三菱東京UFJ銀行との裁判沙汰トラブルに巻き込まれている最中であることが、自身のブログにも具体名とともに克明に 綴られており、複数の特ア・反日筋から組織的に潰された可能性はあながち低くないでしょう。
 余命ブログのサポートに留まらず独自の情報収集・分析も精力的にされている「ぱよぱよ日記」さんの記事では、
http://payoku.requiem.jp/3713http://payoku.requiem.jp/3713
http://payoku.requiem.jp/3653http://payoku.requiem.jp/3653
・テリーゴウと張安楽が繋がっているのではないかという話もあながち嘘ではないのかもしれない
・台湾マフィアの元幹部と、沖縄の指定暴力団「旭琉会」といった地点で、もしテリーゴウと張安楽が繋がりがあるとなると、シャープの買収の件が、暴力団関連の案件になる可能性も否定出来ない
・シャープに関連しているみずほ銀行と三菱東京UFJ銀行あたりはアウトになる可能性も
・琉球特別自治区のための団体ともなれば、公安案件になる可能性もないとも言い切れないため、シャープの件については今後の注意が必要
・鴻海精密工業のテリーゴウについて調査が必要で、中国共産党との関係も深いため、そのような企業がシャープを買収することに問題がないのか
といった点について触れられています。
すなわち、深田萌絵氏が踏んでしまった虎の尾は単に 鴻海精密工業 だけでなく、
・シャープ買収を企む鴻海精密工業/フォックスコンの背後に蠢く中国共産党
・みずほ銀行と並びシャープに関係深く、「在日銀行」・「中国銀行」と揶揄される三菱東京UFJ銀行
・暴力団
と、凄いことになっているのが今回のブログ削除攻撃の背景にあると推測されます。

参考までに 「中国人民元決済システム導入へのみずほ、三菱東京UFJの参加 関連」

*URL転記エラーに尽き削除

「三菱東京UFJ銀行と在日の関係」

*URL転記エラーに尽き削除

昨今、TPP包囲網を突破する禁じ手として、中国共産党をバックに中国系企業が日米豪の国内企業の買収をどんどん進めていますが、豪州食肉企業の買収や今 回のシャープ買収問題などは氷山の一角に過ぎません。 共産支那、その傀儡の朝鮮、在日による蚕食の勢いは、自暴自棄といえるくらいに強まっているようです。
あるる
この方のwikipediaがあっという間に削除されようとしています。
以下wikipediaの削除依頼ページ
Wikipedia:削除依頼/深田萌絵

Wikipedia:削除依頼 深田萌絵 – ノート[編集] ローカル番組への出演が1件のみ、独立立項に足るレベルの実績も見受けられず特筆性なし。宣伝目的の可能性もあり、ケースEによる削除を提起致します。– 116.82.213.22 2016年2月12日 (金) 14:24 (UTC) 削除 サイトで検索しましたが、ツイッター、facebook、プロフィールのサイトぐらいしか見当たりませんでした。よって特筆性はないと判断し依頼者に同意 します。–Tikin★(会話|投稿記録) 2016年2月13日 (土) 01:01 (UTC) 署名のないユーザーの提案。 ブログは削除されて存在しない。 早急な対応。 何か悪意を感じます。 深田萌絵様応援団 冷静に分析様・・・どちらが正しいかはいずれ明らかになると思います、お楽しみに。 さて余命様ブログ参加者の皆様と同じ様に深田萌絵様も国民的な英雄と私には思えます。彼女を守りきれない日本社会であれば、我々日本人にも未来は有りませ ん。 ところで最近、私的な繋がりで公営教育機関勤務の方や高齢者の方々と政治観、歴史観について意見交換する機会がありました。見事に左翼的な世界観に染めら れてしまっていて愕然としました。 大手メディアを全部押さえられている現時点では仕方がないですが、目の当たりにすると厳しいものを感じます。また、日本留学中のベトナム人女子大生にベト ナム戦争中の韓国軍の蛮行について尋ねる機会があり「全然知らなかった」と言う答えが返ってきて驚きました。ライダイハンも勿論知りません。日米でやって いる情報操作を他国でやってない筈が無いとは以前から予想していましたが、まさかベトナムにまで魔手が伸びていたとは。 反日勢力の駆逐は日本人だけの為では無く世界中の善良な人間を守る為の行動だと認識することになりました。 日ノ本 深田氏ブログ削除事件、表層的には分かりづらい印象を持たれる方も多いかと思われますので、以下に追記しておきます。 ・深田氏自身が経営しているベンチャー企業にて優秀な台湾人エンジニアが開発した軍事転用上からも貴重な高度技術を、‘たまたま⁉︎’ 母校である早稲田大学で知り合った友人である怪しげな中国系帰化人らしき男性に巧みに騙し取られるトラブルの背後に、中国国有企業を装った中共直系組織の 軍事スパイ行為が露見 ・深田氏は投資家としての一面も持ち合わせ、投資関連情報・知識に明るく、業績不振~身売り問題で世間の注目を集めるシャープの危機の裏に潜む日本の売国 メガバンクや台湾の売国企業ホンハイ、中共による企業乗っ取り、株価操作疑惑、技術流出等の不正行為、国益毀損行為にまで言及 ・深田氏が自身の調査により暴き出したホンハイ経営者と中共、台湾のマフィア、延いては沖縄の暴力団に繋がる黒い人脈は反社会勢力にとっても、明るみに出 ると非常にまずい ・他にも、日本の国益に関する観点から、正義感の非常に強いと思われる深田氏は、中共直系大手企業が過剰生産している太陽発電機器をさばく上で日本国内の 某大手IT企業が(民主政権時) 太陽発電の売電ビジネス参入で提携している疑惑等、あまりにも多くの特ア・反日・売国組織を一気に敵に回してしまった ・米国IRSが深田氏に厳しい措置を求めてきたということについては、色々と推察されますが、IRS自体が一部の米国議員達のように中共に蚕食されている 疑惑、またIRSの担当者を名乗って接触してきたのが明らかに中国系の人物である、そしてIRSの狙いがまだ明らかにされていない等の点からも、深田氏を 誹謗する正当な理由にはならない この深田萌絵氏のブログ削除問題には、文春のスキャンダル記事を軽く吹き飛ばす程のとんでもなく闇深い背景が存在すると思われます。 日本の国益に関わる非常に深刻な事案であることからも、政府・官邸にしっかりと知らしめる必要があることは否めません。 深田萌絵氏のサポーターがバックアップ用に立ち上げられたサイト http://brahman12134.blog.fc2.com/http://brahman12134.blog.fc2.com/ 余命ブログの数あるサポーターブログのひとつ、ぱよぱよ日記 さん http://payoku.requiem.jp/3745http://payoku.requiem.jp/3745 ななし 正直どちらを信じるべきか、あまり賢くないのでわからないですが、ひとつ言いたいのは、両者とも、余命ブログを巻き込まないでほしいということ。 深田さん関係のお話は、別の舞台でやられてはどうですか? 一応、こんなところで打ち止めかな。この展開は余命の扱うレベルをこえている。ここまでくるとサイト違いだろう。ななし氏のコメントを機会にいったん閉め よう。
投稿日: 2016年2月14日

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional