インテリジェンス情報収集のポータルサイト

485 アマゾン低評価レビュー読者投稿②

トップページ具体資料実例研究余命三年時事日記と余命3年時事日記単独記事閲覧

新・余命6〜2新・余命5〜1新・余命5〜2新・余命4〜1新・余命4〜2新・余命3〜1新・余命3〜2新・余命2〜1新・余命2〜2新・余命1〜1新・余命1〜2旧・余命3〜1旧・余命3〜2旧・余命2〜1旧・余命2〜2旧・余命1〜1旧・余命1〜2総合インデックス
 
【新版・余命三年時事日記第5部〜1】

485 アマゾン低評価レビュー読者投稿②

 
485 アマゾン低評価レビュー読者投稿②

板橋区日本人
余命爺様・スタッフ様
段々と日が長くなってまいりまして、春が近づいているのかなと思わせる様になってまいりましたが、夜はやはり寒い(私が飲酒しつつだからでしょうか?笑)・・・爺様・スタッフ様は、いかがお過ごしでしょうか?
 さて、今回のお題について・・・句読点とかめちゃくちゃで、あちら側なのは分かったんですが、爺様の解説(?)で『そういやそうだな』と頷きながら読んでおりましたが・・・馬鹿な私でも『は?』ってところが確実に一つ。(いや、他にもモヤモヤしてたんですよ?そのモヤモヤは、爺様解説でハッキリしましたが。)
官邸メールの件です。
官邸メールを開くと、入力画面の上に
『※受け付けたご意見・ご要望については、内容に応じて関係省庁に転送させていただきますが、必ず返信をさせていただくものではございません。』
とありますね。爺様がおっしやる通り、各省庁に振り分けられると言うことですね?にもかかわらず、
『官邸に赴いた際この事について関係職員に聞いたところ「正直困惑している、我々にこのような大量の要望を渡されても受け答えに応えることはできない」と仰られました、なぜこのような返答になったかというと、何故なら著者が指定した官邸メールのアドレスが「首相「官邸」に対するご意見、ご要望」だったからです。つまりこちらのサイトに要望を提出しても意味が無いのです。』
『我々(誰?まぁ、官邸関係職員と思わせたいのでしょうが・・・ですから、まぁ、官邸職員としましょう)』に要望をだされたら、各省庁に振り分けると※に書いてあるから、この『我々』が直に『応える』必要はないですよね?(もちろん、その要望が『首相・官邸が主体』なら応える必要はありますが・・・)
にも拘わらず、『アドレスが首相(官邸)に対するご意見・ご要望だったから』とは・・・。
『首相にメールしても無意味よ!』と思わせたいのでしょうね。
 ここは『アウト!』だと思います。一つアウトが分かると、『他も』と信憑性がなくなりますよね?
 また、『官邸に赴いた』の所で、さも『政府に関わりがある私が言っているから信憑性は増すのです!』な感じがします。
しかも『海上式典の打ち合わせ』の所から、一般人からすると『官邸』も+され、『自衛隊』か『海上保安庁』が催す式典と思うのではないでしょうか?少なくとも私は『そう(思わせたいの)だ』と思いました。
 つまり、『政府や自衛隊・海上保安庁等の機関に関わる私がコメントしていますよ!信憑性あるでしょ?』って事かなぁと。
 以前にもありましたね?新聞記事だかに、入管通報のメールに関して『殺到して遮断したから警察に威力業務妨害にならないか相談』した入管関係者なるものが出てました。それと似たような雰囲気を感じました。
 更に、余命一代目のお亡くなりになる4ヶ月位前から拝読させていただいてますから、お亡くなりになった時も良く覚えています(スマホ片手に泣きました)。二代目が奔走したのも覚えています(介護をしなければとおっしゃっておりましたが、いかがお過ごしでしょうか?体調は崩されていませんでしょうか?)。二代目から三代目爺様になった時は、いろいろ混乱していましたかね?(笑)ソネット余命シャットダウンを良く覚えています。
 ですから、『ソネット時代はコメント受け付けていなかった』のを知っていますので、まさに『いったいどこに「再三に亘り発言の撤回、事態の収拾をメッセージを介し進言した」のか?
いったいどこのブログサイトで「一方的に無視、削除された」のか?』なんですよね!
 余命に接触(メール)出来たのはソネットだけで、『メッセージを無視したからブログ運営会社に相談・・・』というんですから、この時系列なら余命にメッセージなんて送れるはずがないんですよね。
(ずっと一代目余命氏の時から『目覚めさせてくれてありがとうございます!』と言いたくてもコメント書くとこなくて残念でならなかったんです!)
 通名禁止なんて言ってない(したいんですけどね!)し、『試し腹』は朝鮮人固有の『火病』の原因とも聞きましたし、朝鮮進駐軍はもとより、吉田茂元首相が『朝鮮人は犯罪ばかり犯して、刑務所も朝鮮人でいっぱいですよ!だから帰したい!』と言うような事をマッカーサーだかに送った文書も出てますよね?
・・・まったくこの嘘付き!とこの『いせ』とか言う在日(?)に怒鳴りたい。
 ともかく、この人は『自分は政府や省庁等に通じる人間で、余命は全くのデマ!』が言いたいんですね。久しぶり(ハンドブック予約ついでに)アマゾンレビュー見たんですが、☆一のレビューは・・・もう・・・『ネトウヨ』だの『レイシスト』だの『作為的』だの『朝鮮右翼のマッチポンプ』だの・・・
シールズみたい!

ジョイス
金慶珠の顔が脳裏に浮かびました。彼女の長々とした話と理屈付けが似ているのでは?

うさぎもちこ
うーーん、全然外れてしまいました。残念!
答え合わせ、ありがとうございます。

茶坊主
推理を用意していたら余命氏からさっさと出されちゃいましたので、余命氏が指摘していないところで、私が注目しているところをコメントしておきます。
・「精査するため逆算したところ」と「2chの情報元をアルゴリズムにかけると」と言う言い方は、理系の、特に大学や研究職の人が使う言葉ですね。
・「1,709,65億円」や「1,200,31億円」等は、カンマの位置が間違ってます。正しくは「170,965億円」「120,031億円」です。
これは、一般教養が無い人がすることなので、大きなお金を取り扱うような仕事をしている人ではないですね。
・「一定の期間,その外国人登録証明書が」のカンマは、理系のレポートで使われる句点です。他では、直すか消すかをしていたようですが、ミスですね。
これらの事から、情報系ではく、数学系大学に関係のある在日朝鮮人(帰化含む)だと思っております。
 今日、マイナンバーカードを作ってきましたが、銀行のキャッシュディスペンサーで投票ができれば、投票用紙の不正は完全に防げますね。
カードを入れて暗証番号を入力したら、画面にカードに応じた選挙区の候補者の一覧が表示されれば、どこにいようとも投票する事が可能でしょう。本人確認から投票までがCDで出来るので、今まで人の手で行ってきた作業が不要になり、不正の入り込む余地も激減するでしょう。
何より、キャッシュディスペンサーであれば、ご老人にとっても使い慣れた機械ですからね。
政府には、是非検討して貰いたいと思います。

AOI
DDH182 いせ氏の投稿、疑問符がたくさん付く投稿です。特に私が疑問に感じたのは、「……糸川先生の想いを踏みにじるだけでなく……」の部分です。糸川教授がそんな想いであったろうか。
 というのは、存命中に糸川教授の講演を聞いたことがあり、講演から私が受けた印象と違う感じがしたからです。
 糸川教授は「ロケットの父」として知られていますが、戦闘機「隼」の開発者でもあります。講演では、軍の兵舎に泊りこんで戦闘機乗りたちと共に過ごし、真に求められている戦闘機はどのようなものかを自分なりに解釈したと、「隼」の開発物語を屈託なく語っておりました。
 戦争中の技術開発をあまり語りたがらないのが普通、と思い込んでいた私にとって、この方は違うんだと印象付けられる講演でした。
 そこで調べてみたところ次のようなものが見つかりました。
・的川泰宣教授によると、「世界のロケットは、ほとんど全てミサイル目的で開発された」
・日本はH2、M5といった2種類の高性能大型ロケットを保有している。的川氏は、「日本もやろうと思えば両方ともミサイルに転用できる」と語っており、実際にアジア諸国は、日本のH2やM5をミサイルと見なしている。
 以上の2点は、1998年9月16日付毎日新聞夕刊に掲載された記事のようです。元記事は見つからず、下記のサイトから取りました。
http://www.eonet.ne.jp/~unikorea/031040/39c.html
 さらに的川教授は、2001年の宇宙科学研究所ニュース(ISASニュース)に「戦前の日本のロケット研究」という小文を寄稿されております。
その内容は、戦時中のロケット研究(≒ミサイル研究)の紹介ですが、日本のロケット研究の背景になったものとして扱われています。
「第2次大戦が終わると,戦時中のロケット開発の資料はことごとく関係者の手によって焼き払われたが,ペンシル・ロケット以後日本の技術陣が成し遂げた技術の高みは,先達の技術者魂を心ならずも受け継いだ価値あるものと,国内外に誇り得るものである。」
http://www.isas.ac.jp/ISASnews/No.239/ken-kyu.html
 以上より、「JAXAの的川泰宣教授の講演会に赴いた際質疑応答の中で私がこの事に触れると的川先生は非常にご立腹された上で「日本のロケット開発は純粋な科学的利用のために発展しており他国のように軍事目的のため開発されてきたものとは大きく違うことが我々の一番の自慢だそれを核兵器を搭載するなど言語道断だ、そんな事をすれば糸川先生の想いを踏みにじるだけでなく……」
の記述は、DDH182 いせ氏による作り話と判断せざる得ないと思います。
 なお、糸川教授が「隼」を開発したのが中島飛行機のとき。その後、東京大学第2工学部の助教授に就任。第2工学部というのは、当時の軍の要請で技術者を増やすために作られた学部で、現在の千葉大学の裏にありました。自ずと研究テーマも軍からみのものが多かったそうです。
 第2工学部は、戦後に東京大学生産技術研究所に改組、麻布キャンパス(現、新東京美術館)に移転、そこで始めたのがペンシルロケットの研究。
 その後ですが、糸川グループが生産技術研究所から離れ、航空研究所と合流し、東大宇宙航空研究所に改組。文部省直轄研になり、名称を宇宙科学研究所に変更。科学技術庁所管の宇宙開発事業団と統合され、現JAXAに至っています。

八咫烏
みっつ。
【なげえ!うぜえ!!くだらねえ!!!】
一行で終わりますやん。
感情論ではなく余命様、だってこいつ証拠一切提示しないんだもの。根拠がないものどうこねくりまわしても「そこから動かしようがない」ですものね。イアンフガーと同じ、「ウリが言ってるから正しいニダ!」をだらだら∞書いてるだけ。しかもチョーセン日報のあらゆる記者と同じ文体とか、本当に画一遺伝子なんですねこいつら。わかりやすいわ。一応文筆のプロ気取りたいのかもしれませんがセン特有の薄さがそれこそスケスケに透けています。冒頭に近い途中で「読む価値ないわ」と投げてしまうとこまで同じです(笑)
 ちなみに注意喚起をひとつ。リアルの身バレはしてるんだろうなと思いつつの書き込みは皆様同じだと思いますが、そこで気をつけていただきたいのが自分のネット環境の保護です。ウイルス侵入を徹底回避してください。私はアメーバでブログ持ってますがここ一ヶ月くらい何度トロイの木馬アタック喰らったかわかりません。ピグで何らかゲットすると必ず同梱されます。運営に抗議しましたが「そんな報告は一切きていません」ときた。運営、しかも開発スタッフ以外誰がやれるんだっての(笑)
 全く政治は関わりないブログスペースだったのですがちらっと、ほんのちょっとだけブログテーマと繋がりのある話題で、フジの地獄絵図を写真つきで記事にした途端です。わかりやすいわー。(笑)
 なので同士の皆様も気をつけて下さい。セキュリティソフトの更新は怠らず、自衛の策はリアルだけでなくネット世界でも講じて下さい。HDクラッシュ、目もあてられないですよ。(←経験者)

パンタローネ
朝鮮進駐軍と試し腹そして竹島問題で南側だと分かりました。血を吐く思いで頑張って独島を竹島と書いたのでしょう。
①朝鮮進駐軍については当時の新聞に記載されてますからね。
②試し腹についてはある学者が韓国人のDNAを調べて出した答えがありますから。朝鮮人が嘘つきでもDNAは嘘をつかない。
③竹島問題については日韓の領土問題だと言う事が書いてない。
それ以外の内容は余命三年時事日記をブログで知らなければ騙される可能性大ですね?
 甘いんじゃボケェェ北か南かはたまた支那か共産主義者か期待したワシのワクワク感を返せ~後半部分は明らかに韓国とそれを擁護する側の主張やんけ純日本人を舐めとたら以下略。

ジョイス
ジョイス への返信
夜這いと試し腹がどうやったらこんな風につながるのか。こじつけでもこんな風にはつながらんぞと笑ってしまいました。この理論展開といい、文章と言い金慶珠のものとそっくり。そういえば愛知県の大学で教えてたっけ?

無法松の一生
ddhさんの文は安田浩一そっくりですね。本人では?

白子
何も知らない無垢の日本人でしたら騙されるかも知れませんが、こちらのブログを見ている方々及びある程度の知性の持ち主には通用しません。(事実云々より文章として)
文章の構成が東海大某准教授の発言とそっくりの回りくどい言い回しですが、竹島で思わず自身に係わる事として表現してしまいばれてしまいましたね。
後顧の憂いのないように練りに練ったのでしょうが、練り過ぎて一般的なレビューでの表現では有り得ません。
二ヶ月かかった所以でしょうか(笑)
投稿日: 2016年3月3日

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional