インテリジェンス情報収集のポータルサイト

499 司法汚染アラカルト

トップページ>>具体資料実例研究>>余命三年時事日記と余命3年時事日記>>余命日記閲覧

画像の説明 画像の説明

○新版・余命三年時事日記第6部その2

499 司法汚染アラカルト

 
Kate Beckett
余命様、これからの時代を生き抜くために「余命三年時事日記」の情報は、欠かせません。(←同意です!!)
>来年3月かあるいは4月には3000円程度の寄付金をいただいての集団法廷闘争を予定している。 
>2015/12/17 369 余命書籍化 より

余命様、
今のままの日本の法曹界で、「日本」V.S. 「反日国」の構図で、訴訟をした場合、「反日国」を優遇する判決が出る事例が多いようです。
余命様の、訴訟予定時期3、4月という緊急性を考えまして、「次回 官邸メールへの提案」をさせていただきます。
余命様、皆さまのご判断を仰ぎます。
テーマ:
日本法曹界からの、「外国支配・偏向思想・汚職」の撤廃
ご意見ご要望
問題点
以下の点が、現在日本の「法の下の平等」・「公平・公正な裁判」を阻害している。
1日本法曹界が、一部、反日国政府(中国共産党・韓国・北朝鮮)の支配下にある点。裁判所の「職員・書記官・裁判官」に、反日国からの帰化人が多い点。
2 日本法曹界が、一部、偏った思想信条を持つ「組織・団体」の影響下にあり、裁判所「職員・書記官・裁判官」の勤務状況や、判決にも影響を及ぼしている問題。
3 訴訟内容によって、「反日国」政府や、偏った思想信条を持つ「国・組織・団体」などに都合の良い判決を出す裁判官を、一時的に、遠方裁判所から呼び寄せて担当させることが、頻繁に行われている問題。
4 弁護士と裁判官の「癒着・利益供与・談合」が、公然と行われている。
5 「日弁連」、「弁護士会」などに、自浄作用が無い。
6 立証責任は原告にあり、一般人による「証拠の獲得・立証」が困難。
法整備
1 アメリカに習い、弁護士と裁判官は、訴訟期間前および期間中に、接触することを禁止する。
2 アメリカの「ディスカバリー」(証拠開示手続)システムに習い、求めに応じて原告・被告が、証拠を開示するシステムにする。
3 日本法曹界関係者の身元確認を徹底する。国籍条項を見直す。司法の場においては、帰化人の登用も停止する。(余命6号関連)
4 「日弁連」に代わる新組織の設立(余命2号・20号メール済み)
5 豊かな経験、優れた能力識見、広い視野を持つ弁護士経験者から、裁判官や検察官を任用する制度『法曹一元制度』を取り入れ、裁判官人事制度の硬直化を解消する。
現在の、任官から退官までを、裁判官が「最高裁事務総局」による統制を受け続けるキャリアシステムを見直す。「最高裁事務総局」に逆らったら、出世できないシステムの打破。

事案例
1 2000年頃から裁判所の劣化が著しい。
・ 裁判官による不祥事の多発
簡易裁判所の裁判官を除き、全国に裁判官は3000人ほど。
そのなかで8件もの性的な不祥事が起きている
・ 「満足度調査」結果の低迷
2000年度調査、民事裁判を利用した人を対象
『満足している』は、たった18.6%。
「司法制度改革」実施後の2回目調査でも、わずか20%前後。
2 書記官が、自己の利益の為に、被告又は、原告を脅迫し、証拠書類の廃棄、公文書偽造など、証拠の改ざんを迫る。
3 裁判官と弁護士が、事前に「談合・利益供与」済みで、第一回口頭弁論の前にもかかわらず、すでに最終判決が確定しており、判決文まで出来上がっている。
または、担当弁護士が、被告・原告に「和解」を強要する。
4 中国共産党が、30年間に渡って、計画的に、日本の司法制度に中国人民を送り込んで、支配している。
5 書記官が、外国文字(中国簡易体文字)を使用するなど、明らかな外国人工作員。外国(中国)へ、紙媒体の証拠でも、瞬時に情報漏えいする。突如姿を消す。
6 「日弁連」や「弁護士会」に、汚職弁護士の懲戒処分を求めても、棄却される。
7 「反日国」V.S.「日本」の構図の訴訟のケースでは、「反日国」側に有利な判決が多い。日本側が勝訴することは、ほとんど無い。
8 公共放送「NHK」 V.S.「一般市民」訴訟の構図のケースでは、NHK側に有利な判決が多い。一般市民が勝訴することは、ほとんど無い。
違法行為:
1「コンプライアンス(法令順守)」違反、「守秘義務」違反、「情報漏えい」、「個人情報保護法」違反、汚職:
「弁護士」や「日弁連」や「弁護士会」が、裁判所「職員・書記官・裁判官」と「癒着・談合・利益供与」関係にある。
2 「安全保障」違反、「日米安保」違反、「日米重大犯罪対処条例」違反:
外国への明らかな「技術流出・軍事転用」目的の国際的窃盗事件に対し「棄却・敗訴」の判決をだす。
―以上―

<参照>
「チャンネル桜 V.S. NHK」一万人訴訟
原告:チャンネル桜
被告:公共放送NHK
訴訟内容:NHK人種差別放送問題
番組名:JAPANデビュー
題名:アジアの“一等国”
放送内容:大日本帝国は、台湾の先住民族パイワン族を、1910年の「日英博覧会」で「人間動物園」として見世物にし、人種差別を行った。
チャンネル桜側主張:NHKに出演した、台湾パイワン族の親族を探し出し、取材。事実と異なる放送と判明した。NHKによる「逆人種差別」事件。
◆ NHK 一万人・集団訴訟 - 最高裁判決にて全面敗訴 1/23 up!
[平成28年1月21日 掲載 ・ 1月23日 更新]
http://www.ch-sakura.jp/topix/1054.html
週プレニュース
元裁判官が語る裁判所の現状「事務総局の統制システムが裁判官の『自由』を奪った」 [2014年04月29日]
http://wpb.shueisha.co.jp/2014/04/29/29645/
1 2000年頃から裁判所の劣化が著しい。裁判官による不祥事の多発。簡易裁判所の裁判官を除き、全国に裁判官は3000人ほど。そのなかで8件もの性的な不祥事が起きている
内部でもみ消されているものもあります。
2 満足度調査結果の低迷。2000年度調査、民事裁判を利用した人『満足している』18.6%。司法制度改革実施後の2回目調査でも20%前後。
3 劣化理由
 最高裁事務総局の、見えにくいけれども、非常に強い統制のシステムが完成
4任官から退官まで、裁判官が、「最高裁事務総局」による統制を受け続けるいまのキャリアシステムを見直す。
5 在野で様々な経験を積み、能力と識見に優れ、なおかつ広い視野を持った弁護士経験者から裁判官や検察官を任用する制度『法曹一元制度』を取り入れ、裁判官人事制度の硬直化を解消。
 国民が常に裁判所を監視して、根拠を持って批判を続ける

Kate Beckett
(つづき)
「日本 V.S. 反日国」での訴訟ケース(その2)
<実例>
深田氏(浅田社長)のブログ「世界経済の裏事情」より抜粋、引用。
カテゴリー:絶望の裁判所
事件:
【狙われた情報通信】「3次元技術、中国腕ずく」事件
産経ニュース(2014.8.28 08:04)
事件内容:
FPGA半導体の「ソースコード」窃盗「クリプトロッカー」事件。
中国人民解放軍と直結する「中国科学院」のH氏(藤井一良こと呉思国)の関係者が、深田氏(浅田社長)が経営するR社(レバトロン社)の、「FPGA半導体セット」を、窃盗し、一旦は、未遂に終わるが、その後、ソースコードを窃盗し、海外流出させた事件。
訴訟:
FPGA半導体の「ソースコード」窃盗「クリプトロッカー」事件。 並びに、東京三菱UFJ銀行 新宿中央支店の田中支店長が、深田氏(浅田社長)の預金を全額横領した詐欺横領事件(→ 深田氏〈浅田社長〉が勝訴するも、相手側は控訴し、未だ返金せず。)
「反日国」(中国)側は、「窃盗・流出事件」と、その「訴訟」のもみ消しを狙い、
1深田氏(浅田社長)へ「逆訴訟」をし、
2深田氏(浅田社長)の銀行預金を全額横領し、
3「反日国」(中国)側に直結する「アメリカ歳入庁IRS」の中国人担当者(ジョエイ キャンベル)による、R社(レバトロン)の営業中止命令をし、
4深田氏(浅田社長)の「ヤフーコラム」と「公式ブログ」削除をする、
という、同時波状攻撃をしかけてきます。
 深田氏(浅田社長)側の訴訟費用は、日米の弁護士費用や証拠の確保費用を含め、すでに1億近くになっています。普通なら、大損害を被り、泣き寝入りして終わるところです。
原告:深田氏(浅田社長)、R社(レバトロン)代表
被告:中国人H氏(藤井一良こと呉思国)、アルファITシステム代表
梶原利之 弁護士:
被告 中国人H氏(藤井一良こと呉思国)側の弁護士
(社民党 福島瑞穂の夫、デモ隊「官邸見守り弁護団」所属)
・中国人の窃盗関連訴訟に、極左トップの弁護士が出てくる謎。
負け知らずの弁護士。
深田氏(浅田社長)側が依頼する弁護士が、負けを確信し、なかなか担当者が決まらない。
・過去には、梶原弁護士に、破産宣告に持ち込まれた会社もある。
→ 深田氏(浅田社長)は、梶原利之弁護士(および宮西宏和弁護士)を、担当裁判官との「利益供与(汚職)」により、「千葉県弁護士会」へ懲戒請求する。しかし、棄却される。(弁護士会に自浄作用が無い。)
森川紀代 弁護士
原告 深田氏(浅田社長)側の弁護士。
担当の鈴木清志裁判官の直属の部下で、訴訟前から両者が癒着・談合済み。
裁判の前から、深田氏(浅田社長)へ、諦めるよう促してくる。
→ クビ。深田氏(浅田社長)が自分で弁護士役をする。
《深田氏(浅田社長)が、訴訟中、「弾劾裁判」へ送った裁判官は、第一回口頭弁論から合計「3名」。追加「1名」予定》
鈴木清志 裁判官
(2013年12月26日ごろ)
深田氏(浅田社長)が、アルファITシステムの犯罪の証拠を、いくら出しても、裁判官と書記官に廃棄され、無視される。
→ 弾劾裁判へ
棚橋知子 裁判官:
・民事九部。(怪しいと噂の部)
・深田氏(浅田社長)が提出した証拠から、顔をそむけ「貴女(深田氏〈浅田社長〉)の証拠は見ません!」と言う。
・日本国民が技術と財産を中国からの窃盗で失い、国外に流出しているのに対し、裁判所は被害者を守らず、中国側加害者を手助けしている状態。
→ 弾劾裁判へ
・裁判所からの郵便が、口頭弁論期日ぎりぎりに、深田氏(浅田社長)の郵便受けに入っている。しかし、ハンコは、4日も前。
深田氏(浅田社長)が、連日2回ずつ、郵便受けを確認していたにもかかわらず。
誰かが、郵便物窃盗し、後日、郵便受けへ返却した疑い。
・裁判所からの郵便が間に合わず、第一回口頭弁論に「出席出来なかった」、「発言しなかった」というだけで、「敗訴」決定のケースもある。
遠田真嗣 裁判官:
民事48部本訴。
・遠田裁判官は、深田氏(浅田社長)へ「証拠を出すと不利になるから出さないほうがいい。」と言い、証拠の提出を頑なに拒む。
・深田氏(浅田社長)が、訴訟記録を取り寄せると、提出したはずの上申書までも、記録から抹消されていることが判明。
・以降は、書類をコピーし割り印を押し、裁判所へ郵送した証拠を残すようにする。
・某情報筋より、深田氏(浅田社長)へ連絡有り。
「遠田裁判官は、中共から派遣された工作員だ」と伝えられる。
・また、遠田裁判官と、梶原利之は、深田氏(浅田社長)へ、訴訟自体を「10億円の損害賠償」にすりかえて、判決準備をしていると判明。
→ 深田氏(浅田社長)は、遠田 裁判官に対して、国家損害賠償請求する。
・中国共産党員の知人から、深田氏(浅田社長)へ「国損(国家損害賠償請求)するとは、命知らずな奴」と、電話有り。
深田氏(浅田社長)は、東京地裁に電話確認、書記官によると「まだ、訴状は、担当部署にすら届いていない」とのこと。
たった3時間ほど前に、深田氏(浅田社長)が提出した、紙媒体の国家損害賠償請求の内容を、中国にいる中国共産党員が、すでに知っていた謎。
永谷典雄 裁判官:
・窃盗・流出事件を「棄却」。判決文「中国への技術流出には、あたらない。危険も無い。」
・米国トップ10に入る大手防衛産業会社のマネージャーが、深田氏(浅田社長)と電話。日本の裁判所の「棄却」判決に「安保違反だ!」と激怒。
・アメリカから電話。相手は不明。「永谷典雄裁判官は、梶原利之弁護士と、17回も、金銭のやり取りをしていた。」
(→ 続く)
《深田氏(浅田社長)が外した書記官「3名」》
鈴木鉄治 書記官:
目の前で、証拠を破り捨てる。裁判記録破壊の現行犯。
→ 文書毀棄罪で刑事告訴。
落合 書記官
深田氏(浅田社長)の住所を、「R社(レバトロン)の共同経営者K氏(マイケルコーとこジェイソンホー)の住所にしろ」、と公文書偽造を強要。
→ 最高裁に訴えた後、姿を消す。
戸谷多恵 書記官
深田氏(浅田社長)が、雑誌FACTAの「中国スパイ企業ファーウェイ」の記事を見せると、あわてて中国簡易体漢字でメモを取り、その後、姿を消す。
――これが今の、日本司法の実態です。
「日本 V.S. 反日国」の訴訟ケースが、いかに、「反日国・偏向思想・汚職」などに支配・影響されているか、とにかく、反日国(中国)側が、あらゆる妨害工作をしかけてくる酷さなどが、ご確認いただけたと思います。
このことを踏まえ、後ほど、司法現場の改善案を「次回 官邸メールへの提案」として、まとめまして、別途、コメントさせていただきます。
(引用)
「深田萌絵 本人公式 バックアップブログ」
架空請求と偽装裁判
2016/01/15 15:31
http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-3473.html
本日の仮差押え判決偽装事件の裁判
2016/01/08 16:03
http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-3449.html
消された記事2
2016/01/12 20:16
http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-3464.html
産経ニュース(2014.8.28 08:04)
【狙われた情報通信】(上)3次元技術、中国腕ずく
http://www.sankei.com/economy/news/140828/ecn1408280002-n1.html

.....記事に対する反論の投稿は掲載するのでお寄せ願いたい。
投稿日: 2016年3月7日

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional